人気ブログランキング |

カフェバグダッドが収集した中東イベント情報です。リンクフリーです。


by cafebaghdad

カテゴリ:2007年11月( 35 )

BS世界のドキュメンタリーで、中東関係3番組の放映です。

▼追跡 ヘロイン・コネクション(再放送)▼
【放送日】2007年11月29日 (木) 10:10~11:00
【内容】世界のヘロインの9割を生産する麻薬王国アフガニスタン。アメリカは全力を挙げ撲滅運動に取り組んでいるが、生産量は減るどころか、去年は史上最高を記録。ケシの栽培農家から麻薬の仲買人、密売組織の幹部、精製工場、そして国境の税関と、危険な取引の現場を見事映像にとらえ、なぜアフガンで麻薬撲滅が難しいのかを検証する潜入ルポ。

▼暗躍するシーア派暗殺部隊(再放送)▼
【放送日】2007年11月30日(金)10:10~11:00
【内容】イラクで激化する宗派対立。シーア派寄りの警察の一部が「死の部隊」となりスンニ派住民を虐待していたとする疑惑が浮上。スンニ派の議員や米高官などへの取材から「死の部隊」がシーア派の前内務大臣により組織化されていた可能性を指摘。シーア派指導者サドル師に近い現職大臣により、病院からスンニ派の医師や患者が追い出されるなどの事件が相次いでいると伝える。

▼ドキュメンタリー映画、イラン 大統領になりたかった男(再放送)▼
【放送日】2007年11月30日 (金)21:10~22:00
【内容】砂塵の舞うイラン北部の農村地帯を行く、おんぼろ自転車に乗った老人…。ときたま出会う羊飼いを相手に政策論議を持ちかけては、貧困者の声を国政に届けることを約束し、投票を依頼する。イランの大統領になることを夢見て、選挙に出馬し続けている75歳のミール老人の気ままな選挙活動の様子を、暖かいまなざしで追ったドキュメンタリー映画。

【チャンネル】BS1
【詳細】NHK
by cafebaghdad | 2007-11-26 17:13 | 2007年11月
イラク戦争を考える連続講座第31回 私が見たイラク戦争

テロ特措法が11月1日期限切れを迎えました。「関係諸国から大変感謝されていた」と福田首相は述べていますが、この中にアフガニスタンそしてイラクの戦火の中にいる人々は含まれているのでしょうか。米軍は「イラクの治安は改善した」と宣言し、今後「イラク復興支援会議」が開かれますが、実態は程遠いといわざるを得ません。東京新聞で「『テロとの戦い』再考」を書かれた田原 牧さんとともに、イラク戦争の現状と、そして私たちに問うものについて考えてみませんか。(案内チラシより転載)

【日時】2007年11月27日(火)19:00~21:00
【場所】世田谷区烏山区民センター3階 第4会議室(京王線千歳烏山駅)
【講師】田原牧氏 東京新聞(中日新聞東京本社)特別報道部勤務。同志社大学一神教学際研究センタ-(CISMOR)客員研究員(イスラ-ム地域研究)、日本アラブ協会発行『季刊アラブ』編集委員 。著書『イスラーム最前線-記者が見た中東・革命のゆくえ』(河出書房新社)など。
【料金】800円 申込み不要

【詳細】今とこれからを考える一滴の会TEL03-5313-1525
by cafebaghdad | 2007-11-24 10:00 | 2007年11月
『イラク・アートの先駆者たち~Selections of the Iraqi Art~』展
かつてはアラブ・イスラーム文化の中心地として栄え、「平安の都」とすら呼ばれていた、イラクの首都バグダード。そのいにしえの美と誇りを身にまとい、自由に世界を遊泳するイラク現代アート。その作品十数点を公開。

【日時】2007年11月19日(月)~12月1日(土)11:00~19:00
(日祝休廊/最終日16:00まで)
【場所】中和ギャラリー(東京都中央区銀座6-4-8曽根ビル3階)

【詳細】NPO法人ピースオン
by cafebaghdad | 2007-11-22 22:40 | 2007年11月
東京外国語大学の学園祭です。ペルシャ語などの言語の語劇や、各国料理の料理店などユニークな学園祭です。

【日時】2007年11月21日(水)~25日(日)10:00~18:00
【場所】東京外国語大学(東京都府中市)

▼ペルシャ語劇「BIBI SHAHRBANU」▼
【日時】2007年11月24日(土)14:00~15:00
【場所】研究講義棟101教室(マルチメディアホール)

▼地球上のことば体験教室▼
ペルシア語 (イランとペルシア語の紹介
【日時】11月21日(水)11:00~12:00

アラビア語 (言語と文化から知るイスラエル・パレスチナ)
【日時】11月23日(金)14:00~15:00
【場所】研究講義棟218教室

【詳細】東京外国語大学
by cafebaghdad | 2007-11-22 11:25 | 2007年11月
音楽に合わせた踊り、踊りに合わせた音楽、というコンセプトのもと様々なジャンルのミュージシャンやパフォーマーで成り立つユニット、キャラバンテントのライブです。

【日時】2007年11月20日(火)19:00~(開場18:00)
【場所】クラブエイジアP (渋谷)
【出演】キャラバンテント 
ベリーダンス:タカダアキコ イーチャン 五十嵐柾美
音楽:徳久ウィリアム(ヴォイス) 空中紳士(パーカッション) 吉田悠樹(二胡)
【料金】前売り2,000円 当日2,500円

【詳細】ベリーダンサー アキコのwebサイト
by cafebaghdad | 2007-11-14 12:13 | 2007年11月
東京ムスリマネットワークによるチャリティーバザーの開催です。アラブ・パキスタン・トルコなどイスラーム圏のお菓子や、雑貨、食材の販売、イスラミックカリグラフィー、ヘンナなどの体験やモスクツアーなど盛りだくさんです。

【日時】2007年11月23日(金・祝)10:00~16:00
【場所】東京ジャーミィ1Fホール小田急線・千代田線代々木上原駅 (東京都渋谷区大山1‐19)
【料金】無料

【詳細】チャリティー・バザーin東京ジャーミィ
by cafebaghdad | 2007-11-13 09:54 | 2007年11月
第10回 中東カフェ シリーズ - この人に聞く〈2〉
私のなかの「ユダヤ人」ーアイデンティティを見つめ直す

今から25年ほど前のある日、日本人と結婚し、子どもたちと共に日本で暮らしていたルティ・ジョスコヴィッツさんは、日本への帰化申請を却下され、それまでのフランス国籍も失って無国籍者となりました。これをきっかけに彼女は、ずっと重荷に感じていた「ユダヤ人」という自らのアイデンティティを見つめ直しはじめます。それはナチスの迫害を逃れて故郷ポーランドを脱出し、遥か中央アジアのサマルカンドからフランス、イスラエルへと向かった両親と、フランス、イスラエル、そして日本へという自らの人生の旅路を辿り直すことでもありました。自らのアイデンティティといかに向き合い、何を見出すにいたったのか、ルティさんにお話をうかがいます。その後、ヨーロッパや中東の「ユダヤ人」問題に詳しい専門家の方々を交えて、議論を広げていきます。(HPより)

【日時】11月16日(金) 18:30~21:00 (開場18:00)
【場所】下北沢 esCafe/Dining 
【ゲスト】
トーク:ルティ・ジョスコヴィッツ 『私のなかの「ユダヤ人」』(現代企画室)の著者
インタビュアー: 山本薫(東京外国語大学研究員)
コメンテーター: 臼杵陽(日本女子大学教授)/武井彩佳(学習院女子大学講師)
【料金】無料 飲み物代別途500円

【詳細】「中東とアジアをつなぐ新たな地域概念・
共生関係の模索」プロジェクトチーム

by cafebaghdad | 2007-11-12 14:07 | 2007年11月

Bellydance Exotica“Maximum”

Cute & Sexyなベリーダンスユニット「Oriental Vibe」が企画するベリーダンスイベント

【日時】2007年11月17日(土)18:30~(3ステージ)開場18:00
【場所】目黒食堂(東京都品川区上大崎)
【料金】予約2,500円/当日3,000円(いづれも1ドリンク付)
【出演】ベリーダンス:Oriental Vibe (Ayumi & Shoko)・MIHO、Tanishq、SHENA、Studio ritam dancers
音楽:タブラクワイエサ

【詳細】Oriental Belly Dancer tanishq
by cafebaghdad | 2007-11-12 13:53 | 2007年11月
日本イスラム協会公開講演会。イスラーム復興とは何かという基本的な問題から始めて、今日のアラブ世界や、とくにトルコにおけるイスラーム復興の現状をテーマとして講演。

【日時】2007年11月23日(金)13:30~16:30
【場所】東京大学文学部法文2号館第1大教室(東京都文京区本郷 7ー3ー1)
【内容】
・飯塚正人氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
「イスラーム復興の思想的背景と現実:アラブ世界を中心に」

・澤江史子氏
「イスラーム復興がもたらす対立と可能性:トルコの女性運動を通じて考える」
【料金】無料(申込み不要)

【詳細】日本イスラム協会
by cafebaghdad | 2007-11-10 10:18 | 2007年11月
中近東文化センターが新たにヒエログリフ講座(初級)を開講です。

【日時】2007年11月24日~2008年3月15日(全12回) 土曜または、日曜13:30~15:00
【場所】中近東文化センター(東京都三鷹市)
【講師】永井 正勝(早稲田大学)
【料金】 24,000円(学生18,000円)

【講義内容】中近東文化センターの展示品のヒエログリフを含め、王家の谷、ピラミッ ド、死者の書などに見られるヒエログリフを題材にして、文字の読み方、辞書の引き方、簡単な文法(名詞、形容詞、属格、代名詞、基本文型)を学びます。初めて勉強する人を対象とし、遺跡や作品のスライドを用いて、初歩からゆっくりと学習。

【詳細】中近東文化センター
by cafebaghdad | 2007-11-07 10:52 | 2007年11月