人気ブログランキング |

カフェバグダッドが収集した中東イベント情報です。リンクフリーです。


by cafebaghdad

イラン現代詩、朗読の世界&セタールミニコンサート(08.9.23)

美しい世界の手仕事プロジェクト・カフェバグダッドコラボ企画
ペルシャ語を味わう
~イラン現代詩、朗読の世界&セタールミニコンサート~

美しい世界の手仕事プロジェクトVol4『シルクロード、彩りの道、~空間工芸としての織物、布、陶器~』展期間中にイベントを開催させていただくことになりました。

1千年の歴史をもつ悠久のペルシャ詩。現代のイランでも詩は人々の生活に深く根付いています。イランの楽器、セタールの音色と共に、独特の美しい響きをもつペルシャ語で詩の朗読をお聞き下さい。今回は、イメージ豊かな抒情詩で注目され、イラン現代詩の詩人の中では比較的古典的作風で知られるナーデル・ナーデルプール(1929-2000)の作品を朗読いたします。イランの喫茶店、チャイハネの雰囲気を味わいながら、午後のひと時、美しいペルシャの世界にひたってみませんか。

【日時】2008年9月23日(祝日)13:30~
【場所】ハウスクエア横浜 横浜市営地下鉄中川駅徒歩2分 横浜市都筑区中川1-4-1
【出演】朗読:小野寺菜穂(東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程ペルシア語専攻)    演奏:北川修一(セタール演奏)
【料金】無料 予約不要・直接会場へご来場ください。

▼北川修一氏プロフィール▼
1975年生まれ。慶應義塾大学文学研究科修士課程終了後、2002年より数度テヘランに渡り、セタールとイラン古典音楽をディナ・サファーリー、モフセン・ガーエドシャラフ、ムハンマド・レザー・エブラヒーミーに、タンブールとクルディスタン地方音楽をヘイダル・カーキー、アリ・アクバル・モラディに師事。テヘランのクルド音楽グループ「セマー」のタンブール奏者。

【お問い合わせ】カフェバグダッドcafebaghdadjapan@hotmail.com

美しい世界の手仕事プロジェクトは、西・中央・西南・東南アジアなどの地域における時代を超えて大切に受け継がれてきた刺繍、織物、ミラーワークなどの手仕事をもっと気軽に、もっと暮らしに近い場との目的で、シリーズで展示会を行っています。会期中、ウズベキスタンダンスショー、絨毯とキリムについての講演会、など様々なイベントが開催されます。
【詳細】美しい世界の手仕事プロジェクト
by cafebaghdad | 2008-09-10 12:40 | 2008年9月