人気ブログランキング |

カフェバグダッドが収集した中東イベント情報です。リンクフリーです。


by cafebaghdad

ドキュメンタリードリームショー(08.9&10)

ドキュメンタリードリームショー 山形in東京2008
1989年より隔年開催されている山形国際ドキュメンタリー映画祭。
2007年に迎えた第10回目の作品の凱旋上映と、東京上映のオリジナル企画をあわせた129本を怒濤のごとく一挙上映されます。その中で、中東関連の作品が上映されます。

▼ルート181(パレスチナ)▼
【日時】2008年9月22日(月) 11:00
【場所】 ポレポレ東中野
パレスティナ人クレフィとイスラエル人シヴァンの両監督は、1947年の国連決議181条で定められたパレスティナを二分する境界線を「ルート181」と名付け、それに沿って2カ月の旅をする。ふたりは出会うユダヤ人やアラブ人の言葉に耳を傾け丹念にカメラに収めていく。そこに照射されるのは、国家、民族、宗教、国境、差別......。

▼ルッキング・スルー(イラン)▼
【日時】2008年9月21(日) 20:50/2008年9月29(月) 11:00
【場所】ポレポレ東中野 
母国へ戻ってきたイラン人女性が、次の映画プロジェクトを探し求める監督とともに、イラン南部へと車で旅を始める。テヘランからやってきた彼らが土地の風景と人々にカメラを向ける時、彼らが、そしてカメラを向けられる人々が想うのは......。人々の話に吸い寄せられ立ち止まり、また離れながら、イランの現在が奏でられる。

▼ゴールデン・ダンス(イラン)▼
【日時】2008年9月25(木) 13:00/2008年10月3(金) 17:10
【場所】ポレポレ東中野
女性服の装飾に使われる金錦を作る老職人。戦争で肉親を失い、材料も入手不可能となった時、戦争の残骸をも優雅に編み込んでいく『ゴールデン・ダンス』。川が孤立させるネパールの辺境に住む人々が和気あいあいと取り組む橋作り。貧しくも人生に奔放な住民たちが橋完成の瞬間に幻想のようなひとときの平穏を送り出す『我ら辺境に生きる』。

▼彼女の墓に花をそえるのは私(シリア)▼
【日時】2008年9月22(月) 16:15/9月28(日) 21:10
【場所】ポレポレ東中野
【日時】2008年10月4(土) 15:40
【場所】アテネ・フランセ文化センター
祖国シリアから遠く離れたフランスで長年亡命生活をおくるハーラとすっかり白髪となった画家の夫。荒れくれた海、孤島に取り残された少年、修復されるイコン、初老を迎える女友だちの涙。"流刑者"の喪失、諦念、そして希望を政治ではなく詩と風景から描く、幻想的な心のさけび。

▼ジェニン ジェニン(パレスチナ)▼
【日時】2008年9月22(月) 18:40
【場所】ポレポレ東中野
2002 年4月、ヨルダン川西岸地区のジェニン難民キャンプでイスラエル軍は無差別な虐殺を繰り広げ、さらにその事実を隠蔽しようとした。死傷者数百人の多くが子どもや高齢者を含む非戦闘員だった。俳優のバクリは、生き残った人々の生々しい証言と瓦礫の町並みをカメラに収め、イスラエル人に真実を知ってほしいと思った......。


▼ガーデン(イスラエル)▼
【日時】2008年9月22(月) 21:30
【場所】ポレポレ東中野
テルアヴィヴの一角ガーデンには、あらゆる人たちが道にあふれ、街灯がまぶしい。イスラエルという表社会では窒息してしまうティーン・エイジャーの親友、ニノとドゥドゥにとってはここが住居だ。日々をやりすごすにも厳しい路上生活を送りながら、彼らのその目の先には、"何か"が広がっている。


【詳細】ドキュメンタリードリームショー 山形in東京2008公式サイト
by cafebaghdad | 2008-08-28 12:31 | 2008年9月